先輩100人の進路選択ストーリー

「好き」を貫いた結果、早稲田の文化構想学部へ!

私の進路選択は、障壁はあれども揺らいだことはありませんでした。変わってるね、とよく言われる私のストーリーを以て、「好き」を見つめる進路選択のススメをしたいです。

早稲田大/文化構想/文化構想 もくも先輩

先輩に質問

文系にかたまっていった経緯

早稲田大学文化構想学部複合文化論系のもくもといいます。私は小学生の頃に苦手意識が根付いてしまったこともあり、数学がどうにも嫌いでした。得意科目は自然と英語になり、当時の興味は日本文化史にあったので気持ち的にも文系を選択しました。文理選択についてのお悩みをよく聞くのですが、解決したいと思う反面、それって可能性が沢山あって素敵なことだよ、とも思うのです。

志望動機はまさかの…

実は小学校高学年の頃には志望大を決めていました。理由は、好きなアイドルが当時早稲田大学に在籍していたからです。これを言うと笑われますが、私の受験期の最大のモチベーションは「推しの後輩になる!」でした…そして、文化構想学部では従来の文学部が対象にしてきたクラシカルな題材だけでなく、アイドルなどの新しい文化を研究対象とできることを知り、第1志望に決めました。

学校嫌いが大学入ったら…

大学に入って1番感じたのは「私の一目惚れ大正解!!」でした。憧れのところで好きなことを学べるのは最高に楽しいです。私は実は中高と学校大嫌いでなかなか行けなかった期間もあるくらいなんです。根本的に身体が弱いので今でも出席まずいな…なんてことは結構あるのですが、学校が辛いから休みたい!と思ったことは一度もないです。学校嫌いの私を学校好きに変えてくれたのは早稲田です。

色んな事を言われると思うので、私はあえて「好きなことを追ってね」と伝えたいです。

先輩に質問
戻る